社長

― かもし堂の志 ―
発酵食品でニッポンを元気に!

素晴らしき発酵食品との出会いが私の人生を変えました。

テレビ番組制作ディレクター時代に担当した番組のテーマがたまたま発酵食品でした。そして、この番組の監修をお願いしたのが、当時、東京農業大学教授の小泉武夫先生。この小泉先生との運命の出会いが、私を発酵の世界へと足を深く踏み入れるきっかけとなりました。私は取材を通して日本の発酵食文化の奥深さに完全に魅せられました。そして本物の発酵食品との出会いによって、私のカラダは内側から劇的な変化を遂げました。体重は半年で10キロのダイエットに成功。肌は年齢を重ねるごとにスベスベになっていきます。ひどい乾燥肌が嘘のように今では1年中ツルツル・スベスベです。そして風邪をひかなくなりました。本物の発酵食品を毎日食べ続けた結果です。

弊社の発酵食品は小泉先生が名誉会長を務める「食に命を懸ける会」の商品を多く取り扱っております。そのどれもが発酵の微生物と真摯に向き合い、こだわり抜いた本物の発酵食品ばかり。とても栄養価にも優れカラダに優しいホッとする味わいのものばかりです。

この素晴らしき本物の発酵食品の魅力を伝えていくことがかもし堂の使命。
かもし堂は本物の発酵食品をお届けし、多くの人々の健康と笑顔、そして感動を味わっていただけるよう熟成発酵してまいります。

長谷川 賢吾(はせがわ けんご) 1972年7月1日生

株式会社かもし堂 代表取締役

発酵研究家

発酵ディレクター(元テレビ番組制作ディレクター)

【略歴】
流通経済大学経済学部卒業。
約20年間テレビ番組の制作ディレクターとして数々の番組の制作を担当。 ベタな演出を好む一方、ドキュメンタリーでは「泣きの長谷川」の異名を取り、哀愁漂う作品を手掛ける。 ドラマ、バラエティ、音楽番組、ドキュメンタリー、教養、子供番組、旅番組、料理番組、企業PV、CMなど ジャンルにとらわれず数多くの番組制作に携わる。
<主な担当番組>
たけしのみんなの家庭の医学、夢の扉、あなたの涙そうそうスペシャル、全員正解あたりまえクイズ、
天才テレビくん、デジスタ、いい旅夢気分、金曜玉手箱、街角の君達、万葉集への招待

近未来予測テレビ・ジキルとハイドで発酵食品をテーマにした番組を担当したことをきっかけに 発酵食品の魅力に取りつかれる。 2011年5月、「株式会社かもし堂」を設立。代表取締役に就任。 2012年1月、「発酵蔵カフェかもし堂」をオープン。 発酵食品専門の飲食店を運営しながら、発酵食品の魅力を伝える活動を積極的に行っている。
【受賞歴】
2005年 ATPテレビグランプリ最優秀賞   「たけしの本当は怖い家庭の医学」
2006年 ATPテレビグランプリ長寿番組賞 「いい旅・夢気分」
2008年 第46回ギャラクシー賞奨励賞 「近未来×予測テレビ ジキル&ハイド」
2009年 第30回バンフ国際テレビ祭・大賞、NHK制作局長特賞 「天才てれびくんMAX」
2013年 川崎ロケ弁コンテスト「塩糀弁当」グランプリ受賞
2013・14年 川崎市イメージアップ認定事業に「発酵都市かわさきプロジェクト」認定
2014年 みやまえC級グルメコンテスト「おいもdeベジフルグラタン」グランプリ受賞
ページ上部へ戻る